インクカートリッジを使い分けする方法

二台のプリンタでインクカートリッジを使い分け

私が勤めている事務所では、数台のプリンターを使い分けています。

どれもネットワークプリンターなので、実際にはプリントサイズの違う二台もあれば事足りると思うでしょう。

でも、同じプリンターでも装着しているインクカートリッジが異なっています。

片方は純正インクカートリッジ、もう一つはそれらの互換インクカートリッジを装着しています。

何でそんな紛らわしい、めんどくさそうな事をしているのかと言うと、うちの事務所はなぜか大量に印刷する仕事も入ってくるからです。

当然コピー機も事務所にあるのですが、そのまま部数指定して印刷してしまったほうが楽に作業できたり、場合によっては(カラー印刷や大きなサイズの印刷)印刷が安くついたりすることがあるからです。

純正インクを使うような写真の印刷などは純正で、そうでないものや枚数の多いものは互換で、わけて印刷することが多いので、同じ機種を二台使って使い分けたほうが入れ替えの手間や間違いを防ぐことが出来るからです。

私のいる事務所がこのようなインクカートリッジの使い分けをしているので、純正にしろ互換品にしろ、仕入れ値を安く抑えないとインクカートリッジを使い分けている意味がありません。

普通に問屋経由で納入しても余りやすくはなりません。

今まではそれで苦労していました。

仕事中に時間を割いて量販店などで安いところはないか、捜しに言ったこともありました。

でもなかなか見つからないし、足で探すのにも限界があるので、インターネット利用して探すことにしました。

そこで最近インクカートリッジの仕入れに使っているのがこのサイトです。

賢く選ぶインクカートリッジの店

ここで一発でどのサイトのショップが安いか、評判などもわかるので、この中から安いところをその都度探して発注するようにして、少しでもコストが掛からないようにしています。

純正でも互換でもどちらでも探せますし、互換メーカーも増えてきたので、交換のしやすさやインクの容量などが増えているものもどんどん出ているので、選びがいもあります。